我が個人的遺書




わが個人的遺書

  戦いの歳月、 わたしは結婚などすることを責任を持てないと考えていたので、 この地上の生涯を終える前に、 かの娘を妻とする決心をした。この娘は、 誠実なる友情の長い年月ののち、 自由意志によってすべてにほとんど包囲された街にやってきて、 その運命をわたしの運命と分かち合おうしたのである。彼女の希望に従い、 わたしの妻としてわたしとともに死のうとしている。死は、 民族のためのわたしの仕事が、 わたしたち二人から奪ったものを補ってくれるだろう。

  わたしの所有するものは – それが何らかの価値を持つ限り – 党のものである。万一党がもはや存在しないのならば、 国家に属し、 国家ももし破滅させられるならば、 それ以上の決定はわたしのなすべきものではない。多年わたしが買い集めた絵画は、 決して個人目的のために収集したものではなく、 もっぱらわたしの故郷の町ドナウ河畔のリンツに画廊を建てるためであった。

  この遺言が完全に執行されることはわたしの願いである。
  遺言執行人としてわたしは、 最も忠実なる党員
  マルティン・ボルマン
  を指名する。彼はすべての決定を最後的かつ合法的に執行する権限を有する。個人的な思う出として価値ある、 あるいはささやかな市民的活動の維持に必要とされるすべてのものを、 わたしの妹たちに分かち与えることは、 ボルマンに許されている。同様に、 とくにわたしの妻の母、 およびボルマンの熟知せるわたしの男女の協力者、 その第一にわたしの古い友人の秘書、 並びにウィンター夫人その他にも分かち与えてもらいたい。彼らは長年にわたり、 その労働によってわたしを助けてくれた。

  わたし自身およびわたしの妻は、 解任あるいは降伏の屈辱を避けるため、 死を選ぶ。その場でただちに死体を焼かれることがわたしどもの意志である。この場所は12年間わたしが民族のために、 日々の仕事の大部分を過ごしたところである。

  ベルリン 1945年4月29日 午前4時  アドルフ・ヒトラー

証人  マルティン・ボルマン   ゲッベルス博士
     ニコラス・フォン・ベーロウ