「収容所の解放」 事実と嘘


セオドア・オキーフ

 ホロコーストの存在をアメリカ人の心に確実に根付かせた最も効果的な方法は、アメリカ兵が発見した惨いシーンを流すことであった。それは、彼らが第二次世界大戦末期、ドイツの強制収容所を解放した時のことである。

 ダハウ、ブーヒェンヴァルト、ドーラ、マウトハウゼンなどの収容所では、アメリカ兵は死んだ囚人、死に瀕している囚人を目の前にして呆然とした。そうした囚人は病にかかり、やせ細っていた。生存者はアメリカ兵に身の毛のよだつような拷問・処刑について語り、そして火葬炉やガス室を見せてその主張を裏付けた。それだけでなく彼らは、拷問器具、はねられた首、囚人の皮膚をはいで作ったとされるランプシェード、手袋、ハンドバックも見せたのである。

 ほとんどのアメリカ人は、第一次世界大戦中に何度も聞かされた残酷物語に食傷しており、ヒトラー政権への連合国のプロパガンダについても疑っていた。そのことに気づいたアメリカ政府は、アメリカ兵が収容所で発見したことを「文書化」する決定を下した。有名なメディア人、政治家たちが、苦しむ人々を見るためにドイツに飛び、米軍メディア班は後の世代のために動画や写真を撮影したのである。有名なジャーナリスト、エドワード・R・マーロウは恐怖の口調で、そして事実を確信しながら、彼が聞き、見たものを報告した。ダハウ、ブーヒェンヴァルトという名は、歴史上比類なき悲しい血にまみれた残虐行為の場として、アメリカ人の心に刻み込まれたのである。

 アメリカ人にとって、収容所で「発見」されたもの、つまり死人や病人、囚人たちの語る残酷な話、あらゆる拷問器具、これらは戦時プロパガンダだっただけでなく、その後の確信ともなった。「そう、それは真実だった。」ドイツ人は600万人のユダヤ人を殺戮し、その大部分はガス室で死んだ。アメリカ兵が撮影した動画は、敗戦したドイツ国民への高圧的コメントが付けられた後、映画となった。そしてそれが、ドイツ人の「再教育」に使用された。ドイツ人の民族的誇りは潰され、統一した独立民族国家を作ろうという意志も阻害された。ドイツ人は大きな集団罪悪感を背負い、政治的不能となった。ニュルンベルク裁判では証言・判決が出され、アメリカ兵がダハウ、ブーヒェンヴァルト、その他の占領地域で聞いた残酷な話が繰り返された。ホロコーストはこれで、最も文書化され、最も権威づけられ、歴史上最も立証され、エピソードの一つとなった。

* 現実は違っていた

 しかし、今日ではよく知られているものの、アメリカ政府は収容所の解放直後、本当の状況は全く違っていたことに気づいていた。にもかかわらず、彼らは軍事情報局員、政府スポークスマン、政治家、ジャーナリストを使って虚偽の情報を流し続けた。

 1945年春、米英軍がドイツ中西部を侵攻していた時、ドイツの戦争犯罪の証拠を発見し、確定させる部隊が軍に配属されていた。その中にはアメリカの有名な解剖学者、チャールズ・ラーソン医師がいた。彼は当時、総司令部に所属し、ダハウをはじめ約20のドイツ収容所で解剖を担当し、100体以上の解剖を行った。ダハウでの気の滅入る作業の後、彼はアメリカ軍検事団から三日間にわたり訊問を受けた。

 ラーソン医師は何を発見したのだろうか? ラーソンは1980年、彼の伝記を書こうとしていたアメリカ人ジャーナリスト、ヤン・フローキンガー (ウィキータ・イーグル所属)とのインタビューに答え、次のように述べている。「私たちは600万人のユダヤ人が殺戮されたと聞きましたが、その一部は嘘でした。」「ではどのように嘘だったのですか?」と聞き手が尋ねると、彼はこう答えた。「私は全欧を舞台とした劇の中で、ただ解剖学者の役割を演じただけです。しかし毒ガスが使用された形跡を見つけることはできませんでした。」ラーソン医師だけでなく、他のどんな専門家も、チクロンB、あるいはその他のガスによって人が殺された例を、一件も立証することができなかった。たとえホロコースト歴史家が、彼らをしばしば引用しているとしてもである。

* 毒ガスではなくチフスだった

 もしガスによるのでないのなら、ダハウ、ブーヒェンヴァルト、ベルゲン・ベルゼンの不幸な犠牲者たちは、どのようにして死んだのだろうか? 拷問で死んだのか? 意図的に餓死させられたのか? これらの問いに対する答も、明らかとなっている。ダハウ、ベルゲン・ベルゼンなどの収容所で囚人が死んだ最大原因は、病気、特にチフスだったことを、ラーソン医師を始めとする連合国の医師は発見した。チフスは、古代から最近まで人類に猛威をふるってきた病気である。チフスは公共医療設備が知られていない、あるいは行き届かない場所へ、多くの人々が詰め込まる場合に発生する。戦争末期のドイツ収容所は、まさにそのような状況だった。確かに収容所内ではシラミが駆除され、病人は隔離され、死体は火葬された。しかし食料輸送が寸断され、公共医療設備が崩壊するにおよび、収容所は修羅場と化した。

 収容所内の死亡率が高かったのは、チフスが原因だった。それについて最も明確な報告を行ったのは、恐らくジョン・E・ゴードン博士であろう。彼はハーバード大学医学部で、予防医学・疫病学の教授を務めていた。彼は1945年、アメリカ軍のドイツ侵攻に同行し、1948年には「ドイツの強制収容所・牢獄ではチフスが広がっていた」という報告書を提出した。チフスが広がった原因について、彼は次のように述べている。

「ドイツは混乱状態にあった。都市は全て破壊され、軍の侵攻に伴い、生活状況は壊滅した。それにより、病気が蔓延した。衛生状態は悪く、公共設備は大きく崩壊し、食料の供給・分配量は少なく、住宅事情は悪化し、あらゆる場所で秩序・規律が失われていた。さらに重要なことに、どの時代のどんな国も経験したことのないような人口変動が起こりつつあった。」

 このゴードン博士の言葉は、ラッセル・バートン医師の言葉とも符合する。バートン医師は現在、世界的に知られた心理学者である。彼は1945年、若き医学生としてイギリス軍と共にベルゲン・ベルゼン収容所入りし、病にかかった生存者の看護を自ら買って出た。彼は1985年、トロント裁判所で証言台に立ち、次のように述べた。「第二次世界大戦中、ベルゲン・ベルゼン強制収容所で死んだ何千もの囚人は、故意に餓死させられたのではなく、病に倒れたのです。私は収容所に入るとすぐ、故意の餓死の可能性について考えました。しかし設備の行き届いた台所、注意深く管理された食卓などを調査した結果、そのような可能性がないことに気づきました。1942年以降、きちんと整備された台所・食卓で、毎日調理が行われ、食事が提供されていたのです。」広く出回っている主張として、ドイツ収容所では餓死による殺戮政策が取られていたという主張がある。しかし、それを示すいかなる文書も見つかってはいない。

* ランプシェードやハンドバックもなかった

 それでは、強制収容所の他の残酷物語はどうであろうか? 囚人たちが入れ墨をされた後、皮膚をはがれたり、ランプシェードやハンドバックといった工芸品を作るために彼らの皮膚が使われたという物語は? あるいは無数の「拷問台」、「肉かけ」、鞭打ち台などの拷問・処刑用具が、ドイツ収容所でたくさん発見されたという物語は? こうした物語はニュルンベルク裁判に端を発しており、そこではさらに残酷な例がソ連検事団長によって報告された。

 ランプシェード、あるいは入れ墨物語は、イルゼ・コッホ、通称「ブーヒェンヴァルトの悪魔」に対する嫌疑である。彼女は囚人の皮膚をなめし、それを材料にして工芸品を作り、家に陳列していたと言われている。しかし、戦後ドイツのアメリカ軍占領地区総督のルキアス・クレイ将軍は1948年、コッホ裁判を閲覧し、ワシントンに次のように書き送っている。「コッホが、入れ墨用の皮膚を確保するために特定の囚人を殺したこと、あるいは人間の皮膚でできた製品を所持していたことを示す確たる証拠など、一つもありません。」後に行われたインタビューでも、悪名高いランプシェードの素材について、クレイはこう述べている。「そうですね、あのランプシェードの素材は実はヤギだったのです。しかし判決では、素材は人間という主張のままでした。コッホが公正な裁判を受けることなど、ほとんど不可能でした。」イルゼ・コッホは1967年、西ドイツの刑務所で首を吊って死んだ。

 ナチの残虐行為として主張されている多くの事柄について、それをいちいち取り上げ、否定しても、読者には退屈なだけだろう。もちろんドイツ人の残虐行為を明らかに示す証言もある。例えばコンラート・モルゲン医師の証言がある。彼はドイツ帝国犯罪警察に所属していた法的調査官であり、ニュルンベルク裁判でも証言台に立った。そして彼の証言は、ユダヤ人ホロコーストを信じている人々から一度も反駁されていない。モルゲン医師は戦時中、ハインリッヒ・ヒムラー (ヒトラー親衛隊《SS》、そして秘密警察《ゲシュタポ》の長官) から全面的権力を委託され、ドイツの強制収容所に入り、収容所職員の残虐行為、汚職について調査を行っていたのである。このモルゲン医師の証言によって800件の事例が浮上し、200件の罪が確定した。最も重い罪は死刑にまで及び、死刑宣告を受けた者としてはヘルマン・フローシュテット (ルブリン収容所司令官)、カール・コッホ (イルゼ・コッホの夫でブーヒェンヴァルト収容所司令官) らがいた。

 収容所司令官が身体的罰則を命じる場合も、実際にあった。しかしそのような場合、その罰則はベルリン政府の承認を得ねばならず、なおかつ収容所医師がまず囚人の健康状態を検査しなければならなかった。それは、その囚人が罰則に耐えうるかどうかを調べるためであり、その後に囚人は殴打された。結局、収容所は戦争中ほとんどの期間、重要な産業センターだった。囚人の良好な健康状態、モラルの維持は、ドイツの戦争遂行にとって重要なものであった。SSに所属し、収容所管理局の責任者でもあったリヒャルト・グリュックが1942年に出した命令も、それを裏付けている。その中には「収容所司令官は、囚人の健康を保持するためにあらゆる手段を講じなければならない」と記されている。

* 収容所の囚人は単に犠牲者であるだけだったのだろうか?

 ブーヒェンヴァルトなどの収容所に入った米軍調査官は、長いこと収容所にいる囚人たちが語る話を聞いた。そうした囚人たちは、収容所で最もひどい悪人、最も残忍だった人々は、実は護衛ではなく囚人自身だったと語った。今日、アメリカの刑務所には囚人が溢れ、残虐行為が繰り返されているが、それと同じことがドイツ収容所でも起こっていたのである。特定の囚人が権力を与えられ、特にそのような時、残虐行為がまかり通った。例えば狂信的な共産主義者は緻密な組織を作り上げ、囚人の中にいた多くの政敵を排除した。共産主義者はスターリン式に敵を容赦なく排除したのである。

 ブーヒェンヴァルトには、2人の米軍調査官が派遣された。エゴン・W・フレックとエドワード・A・テネンバウムである。彼らは解放直前の収容所の状況について詳しく調査し、その報告書には二人の上司アルフレッド・トゥームの緒言が載せられている。そこには「囚人たちはナチのテロ行為に劣らぬほどの残虐行為を収容所で行っていた」という言葉がある。

 フレックとテネンバウムは、共産主義者の囚人が握っていた権力についてこう述べている。

「模範囚はやがて共産主義者ばかりで占められるようになった。彼らは囚人全員の生命を握った。彼らは特定の人物、集団にほとんど死刑宣告を下すこともできた。ブーヒェンヴァルトで行われた残虐行為の大部分は共産主義者の仕業だった。」

 ドナルド・B・ロビンソン大佐は、戦後ドイツの米軍政府を専門とする歴史家である。彼は戦争直後、フレック、テネンバウム報告書の要約を〈アメリカン・マーキュリー〉に掲載した。そこで彼が記している言葉も、フレック、テネンバウムらの言葉とぴたりと符号する。「共産主義者に同意した囚人は食事を与えられ、同意しない囚人は餓死させられた。」

 囚人による残虐行為はエリス・E・スパックマンによっても報告されている。彼はアメリカ第七部隊の諜報局長で、ダハウ解放作戦に参加し、後にカリフォルニアのサン・ベルナルディノ・バレー大学の歴史学教授となった。スパックマンは1966年、「ダハウでは、特定の囚人が他の囚人に残虐行為を行う権限を持っていた」と記している。

* ガス室

 ポール・キルク大佐、エドワード・J・ガリー中佐は1944年12月9日、アルザスにあるナッツヴァイラーのドイツ強制収容所を調査し、その報告書を第6部隊・司令部に提出した。これはその後、キルク・ガリー報告書として戦争犯罪局に送られた。この報告書の全体は公表されていないが (これは重要なことである)、あるホロコースト支持者の著作から、キルクとガリーは強制収容所の状況について慎重な態度を取っていたことが分かる。フランス人は彼らに言わゆる「ガス室、あるいはガス室として使われた部屋」を見せたが、二人は判断を差し控えた。

 キルク、ガリーは慎重な態度を取り、彼らの報告書も公表されていない。この事実と、ダハウのガス室に関する政府報告書、自白、陳述、メディアによる報道内容とは大きくかけ離れている。例えばメディアでは、次のような写真が公表された。鉄のドアがあり、そこには骸骨と交差した骨が描かれ、ドイツ語で「注意! ガス! 生命の危険! 開放厳禁!」と書かれている。そのドアをアメリカ兵が悲しそうに眺めている。この写真は当初、ガス室の証拠と見做された。しかし後になって、この部屋は単に、衣服のシラミ駆除の部屋だったことが判明した。もう一つ、巧妙にシャワー室を装ったガス室の例も報告された。このシャワー室は何千人もの人が息を引き取った場所として、アメリカ人議員、ジャーナリストに紹介された。こうした「ガス室」はメディアでも大きく報道された。しかし軍調査官による報告書には、シャワー室がそのような目的で使われたことを示す例が一つもない。これらのシャワー室は模造品なのか、それとも本当にシアンガスを撒き散らしていたのだろうか?(どちらの立場を取っても、それを支える写真・文献には困らない。)

 こうした曖昧さは、ダハウ、ブーヒェンヴァルト、ベルゲン・ベルゼンなど連合国によって占領された収容所にはどこにもあてはまる。「ガス室」や「ガス火葬炉」といったプロパガンダは後を絶たないが、現在のところ、ガス室を示すいかなる文書もなく、当時も現在も、ガス室が処刑用に使われたことを示す報告書は一つも出されていない。

 さらに、多くのホロコースト支持者が現在、ドイツ国内には結局、ガス室もなければ絶滅収容所もなかったことを公に認め始めている! ガス室や絶滅収容所は現在のポーランドにあったのだと、彼らは述べている。こうした収容所はソ連が解放したものであり、それゆえ、西側の調査官は接近することができない。マルティン・ブロシャットは現在、ミュンヘン現代史研究所 (西ドイツ政府の援助を受けており、それゆえ、ホロコースト・ストーリーを支持している) の所長を務めている。彼は1960年、ドイツ週刊誌〈ディー・ツァイト〉誌に記事を掲載し、その中でこう断言している。「ダハウ、ベルゲン・ベルゼン、ブーヒェンヴァルトでも、ユダヤ人や他の囚人がガス室で殺されることはなかった。」プロのナチ・ハンター、サイモン・ヴィーゼンタールも1975年、「ドイツ国内に絶滅収容所はなかった」と記している。ダハウの「第2二ガス室」はかつて、何十万人の生命を奪った場所として世界に紹介された。その話を聞き、世界は息を呑み、悲しみにくれた。しかしこの部屋は今、旅行者向けの「ダハウ記念館」パンフレットには次のように記されている。「このガス室はシャワー室を装って作られていますが、一度も使われたことがありませんでした。」

* 強化されるプロパガンダ

 アメリカ軍がダハウ、ブーヒェンヴァルトなどのドイツ収容所を解放して40年以上になる。解放時、アメリカ軍調査官は収容所の状況について事実を調べあげた。にもかかわらず、その後、アメリカ政府、ハリウッド映画産業、ニューヨーク出版産業は毎年、収容所の恐怖とホロコーストの残虐さについて多くの言葉・映像を流し続けている。南北戦争の際、南部連合軍は大敗北を喫した。その時以来、1945年のドイツほどアメリカに徹底的に叩きのめされた敵はなかった。しかしメディア、政治家、官僚たちは、ヒトラーやドイツ軍、強制収容所が現在も永遠に存在し続けているかのような言動を繰り返している。そして政策立案者たちも、無知あるいは悪意から、収容所に関する事実を歪め続けている。

* 真実を知るべき時

 ダハウ、ブーヒェンヴァルトなどの収容所について、政府や歴史家は事実を明かすべき時である。囚人がいかにして死んでいったのか、そして死なない囚人もいたことを、アメリカ人に知らせるべき時である。ガス室での大量殺戮という主張を客観的に取り扱い、調査すべき時である。ホロコーストの主張は反駁されず、その結果、ある集団の人々は大きな利益を上げている。こうした所業をやめさせる時である。なおかつドイツ人、東ヨーロッパ人、ローマ・カトリック教会、米英の戦争指導者たちに責任をなすりつけるのをやめるべき時である。彼らはホロコーストに加担した、あるいはホロコーストをストップさせなかったとして嫌疑を受けている。

 アメリカという偉大な民主共和国の市民は、特に収容所の事実を知るべきである。アメリカ人はそれを知る権利があり、それは基本的権利であり、政治参加の意志表明でもある。アメリカ人は市民あるいは納税者として、民族・信仰に関わりなく、事実を知る基本的権利と関心を持っている。アメリカ人は、権力者によって外交問題・教育政策がどう決定され、過去の事件がどう伝えられているかについて知る権利を持っている。ホロコースト問題は現在、あらゆる文明国、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、オランダ、ベルギー、スカンジナビア諸国、日本、カナダ、アメリカにとって重要問題である。真実を見極めるためには事実を調査せざるを得ず、それは公の場で行われるべきである。事実を隠し、真実を否定し、現実を拒否したりしてはならない。真実は明らかになるだろう。そしてアメリカ政府を含む世界各国政府は、1933〜45年、ドイツの強制収容所で実際に何が起きていたかを公にし、証拠を提示しなければならない。それは、私たちが恐れや利益なしに嘘を拒絶するためであり、過去との和解、再生の作業を実行していくためである。そうした作業こそ、民族間の相互許容、そして公正に基づいた平和への堅固な礎、つまり銃や鉄条網、毒、嘘によらない礎となるに違いない。

* 結論

 戦争時のドイツ強制収容所の実態について、アメリカ軍が戦争直後に行った調査は、その後の調査とも一致し、以下のように要約することができる。

* 1。死に瀕した囚人の戦慄的な映像は、ドイツの「絶滅政策」によるものではなく、連合国による空襲により輸送網が寸断され、食料供給がストップし、医療設備が麻痺し、チフスなどの伝染病が流行した結果だった。

* 2。ナチのサディステックな犯罪人についての物語、彼らがユダヤ人をハンドバックやランプシェードに変え、それを使って楽しんだという物語は、悪質な虚偽、病的幻想である。実際ドイツ政府は、収容所の司令官・護衛の汚職・残虐行為を、戦時中絶えず摘発していたのである。

* 3。解放された囚人は、ヒトラー政権下の聖者、殉教者であったという描き方も真実からほど遠い。実際、収容所内の残虐行為のほとんどは囚人自身によるものであり、ドイツ政府はそれをやめさせる政策・命令を下していたのである。

* 4。殺人シャワー室、あるいはガス室とされる部屋は、囚人の入浴、あるいは衣服のシラミ駆除に使用されていた。それらがユダヤ人を殺害するために使用されていたという主張は恥ずべき作り話である。正当な歴史家やプロの「ナチ・ハンター」ですら、囚人がダハウ、ブーヒェンヴァルトなどのドイツ収容所でガス殺戮されたという主張を、人知れず引っ込めている。しかし彼らは嘘について沈黙しており、ソ連によって占領されたアウシュヴィッツなどの収容所でのガス殺戮の証拠についても、公の場で議論することを避けている。

 


Copyright © NSJAP, 1998 all rights reserved.

ホーム 戻る インデックス 次へ
 

This web-site was launched on 12th June 1999.
Copyright ©NSJAP, 1982-2012 All rights reserved.