外国人犯罪糾弾


インターネットTV

 急増する中国人犯罪!“闇社会の帝王”ついに激白!!  

~テレビ朝日系『ザ・スクープ』【2001年12月22日】より~



 近日、外国人によるピッキング強盗カード犯罪が相次いでいる。日本国民の生活は今、危機にさらされているのである。さらに、エイズでありながら売春目的で不法入国してくる大陸アジア人の売春婦。街頭で公然と変造テレカ麻薬を売るイラン人。暗躍する支那人窃盗団、スリや500円硬貨偽造に明け暮れる韓国人。果ては、入管職員を自殺に追い込む『人権』擁護団体。今や東京拘置所内では4人に1人が外国人である。況や彼らが不法滞在者ならば、ただちに処刑すべきである。最低でも当然強制送還は必要だろう。まがりなりにも、我が国が法治国家であるならば! 犯罪者を裁く事すら許されないというのならば、法律の存在意義はどこにあるというのか。

 我が国の社会システムは、我が国民の鏤々たる能力と努力の成果である。それは、外国人のために用意されたものではない。我が先人たちの遺産は、当然ながら我が国民が継承すべきである。この発想は、至極妥当なものだ。そこに外国人が寄生し、甘い汁を吸う余地など、ある筈がない。いわんや我が国民よりも能力的に劣等な者達が、である。外国人は、相応しい場所、即ち祖国において権利を主張すればよい!

 外国人不法就労者諸君に告ぐ。諸君の祖国の社会システムの劣悪さは、一重に諸君の弱さが故である。我が国の富を奪おうななどという愚かな考えは、即刻捨てよ。

 強調するが、我がシステムの恩恵は、国民に対して第一義的に賦与されるべきである。戦後最悪の失業率の中で、なぜに外国人の就労が許されようか。外国人不法就労者を支援する左翼が、同時にいわゆるホームレスを支援しているという現状は、ただ驚きと形容するほかない。本来は、不法就労者を日本から即時追放し、その職を我が国民たるホームレスに与えるのが正しい。外国人が日本人の職を奪っているという事態を、断じて静観していてはならないのである。日本人失業者にこそ職を!

 もちろん、人件費の安さを理由に外国人単純労働者を受け入れている企業が糾弾に値することは言うまでもない。しかしそれも、外国人が日本国内に滞在していなければ起こり得ぬ事態だ。又、納税していない外国人に対し、福祉などの国家予算が使用されるのは、何とも可笑しなことだ。そんなことをしている暇があったら、失業対策に力を入れよ。我が国民の血税は、我が国民の利益のために使用されねばならぬものなのだ。国民の血税で外国人の医療費を負担するなど、もってのほかだ。医療を受けられずに死んだ不法外国人がいるというが、不法外国人に殺された日本人は何人いるというのか。この不況下において、重要なのは不法外国人のために血税を浪費することではなく、一人の国民の自殺を防ぐことである。

 ところで、参政権がないことを理由に、納税しない在日外国人がいる。もちろん、在日外国人に参政権を与えるなど、言語道断である。多国に忠誠を誓う者に、国政に介入する権限を与えるのが適当である筈がない。それでも尚、彼らは納税しなければならない。なぜならば、彼らは、我が国の社会システム、とりわけ経済の恩恵を(不当ながらも)享受しているからだ。それに従わないならば、祖国へ即刻帰還してもらわねば困る。反日外国人を招待した覚えはない。

 在日朝鮮人や在日韓国人に参政権を与えよ、などと戯言を吐く者たちに告ぐ。我々日本人は、韓国や北鮮において参政権がないではないか。心配無用。我々は韓国や北鮮での参政権などいらぬ。但し、我々は、我が国民の利益を守る。それだけは言っておく。

 在日朝鮮人は、我が国の経済 – 不況にあるとはいえ、なお北鮮よりは遥かに高い水準を維持している – に寄生しているばかりか、本国に送金して金正日を生き長らえさせている。戦後彼らは、GHQ占領下の日本で「三国人」として扱われ、日本の法律が適用されないのをいいことに、非合法の闇市によって濡れ手で粟をつかんだ。今日も彼らは、パチンコ店などを経営して莫大な利益を上げつつも、参政権がないことを理由に納税しようとしない。しかし、彼らが我が国の社会システムを利用して経済活動を行わせてもらっているという事実は、前述のように彼らが我が国政府へ納税すべき最低限の理由である。

 また、在日朝鮮人の中には、諜報活動に携わるものも数多い。北鮮本国が我が国へ向けて複数回にわたりミサイルを発射したのも、忘れられるべきでない。かような反日共産主義者たちに、一体如何なる制裁を加えるべきか?

 断固たる殲滅政策を加えるべきである。攻撃に対して反撃を加えるという行為は、極めて妥当なものだ。我々は「隣人を愛する」キリスト教徒ではないのだから!

 似非人道主義者どもは、共産主義者や異民族を生き長らえさせるために、優秀なる日本民族を骨抜きにし、滅ぼそうとしている。しかしながら、国民生活の水準を上昇させる能力に欠けた民族が専有する土地は、我が民族の生存圏たるべきなのである。広島・長崎をこれ以上我が国に作らないためにも、我々は断固として核武装を推進し、北鮮の核開発に対する抑止力としなければならない。

 しかしながら、なぜ人種的に日本人に関連のある近い周辺のアジア諸国民が、日本を内外から崩壊させる先駆的役割を担っているのか?

 最も注意すべき点はここにある。

 即ち、ユダヤの世界戦略の中における在日韓国・朝鮮、支那人の役割である。国際社会におけるユダヤ人の影響力の大きさについては、今更述べるまでもない。しかしながら、彼らユダヤ人は我々日本人と全く似ていない。即ち、彼らは今日白人国家において行っているような内部破壊行為を、直接日本国内で実行する事がほとんどできないのである。かつて彼らは、主に彼等の支配が及んでいる白人国家を扇動し、日本を外圧によって破壊しようと試みてきた。現在彼らは、日本人に似た周辺の異民族を日本に送りこみ、彼らの働きによって日本を内部から崩壊させようと目論んでいるのだ。

 最近韓国人による偽造500円硬貨の使用が横行し、改鋳に手が付けられたばかりである。また密入国が跡を絶たない支那人は、日本国内で犯罪組織を形成しつつ、カード犯罪やピッキング強盗に明け暮れている。支那人留学生も、支那という言葉を使用したという理由で大学教官の講義を中止に追い込むなど、横暴が目立つ。支那という言葉が蔑称であるという狂信が広がっているが、実際には英語のチャイナ、仏語のシーヌ、独語のヒーナなどと同一の語源を持っていることからも分るように、何ら差別的なものではない。逆に、同根の言葉を使用する欧米人は容認され、日本人だけが糾弾されることこそが差別ではないのか。

 95年に日本人少女をレイプした駐日米兵3人は、皆黒人であった。日本のマスコミは、「人種問題に発展する恐れあり」としてそれを隠した。しかし、実際に米国では人口の20%に満たぬ黒人が、8割以上もの犯罪を起こしている。これを「差別の産物だ」と断ずる者もいようが、皮肉にも米国ではアファーマティヴ・アクションつまり差別是正措置の導入後、却って黒人の退学率や犯罪率が上昇したのだ。また、白人系移民により開拓された国家・南アフリカ共和国では、少数の白人が国家を支配するため、多数派である黒人に選挙権を与えない、などの内容を含むアパルトヘイト(人種隔離)政策がかつて採られていた。これを理由に長年米国らが経済制裁を敷いてきたわけだが、同政策の撤廃後、南アでは却って貧困は増大し、ついには世界最悪の犯罪発生率を記録するに至ったのである。洗脳メディアによって「差別撤廃」という言葉は聞こえの良いものとされているが、事実はそれが却って不幸をもたらすものであることを示している。

 「人権派」と呼ばれる者たちの愚かしさと狂信とには、開いた口が塞がらない。人権とは、法制度上の人工的方便に過ぎぬ。「生存」とは、『生存権』として他人から与えてもらうものでは決してなく、自ら勝ち取るものである。個人および人種間の諸々の分野における能力の優劣の差は歴然としている。考えてもみよ。権利という概念には義務が付随するものなのだ。人権は義務を伴わない、というならば、それはもはや宗教と何が違うというのか。我が国民は、人権思想及び平等主義という神話から脱却しなければならない。

 また我々は、我が国において現代における攘夷、すなわち “民族浄化” を推進しなければならない。それは、 “住み分け” の一形態に過ぎない。均質的な日本の社会を維持し、日本の単一民族国家化を維持・推進して行くのである。本来人種、民族は分離されねばならぬものなのだ。なぜ “人種のサラダボール” アメリカが犯罪大国なのか、考てみよ。それは、多民族国家、人種の坩堝たるが故である。国民の生活を守るためにも、不良外国人には出て行ってもらおうではないか。「全ての外国人が凶悪なわけではない」という者がいるが、逆にいえば「全ての外国人が善良なわけではない」ということではないか。即ち、彼らを全面的に受け入れれば、必ず国民は何らかの被害を被るわけだ。

 或る人種及び民族がその純血を保とうとするとき、彼らは、自らの意志と種としての生命力とを証明している。人種を分離させその純血を保つという行為は、真の自然保護の一形態である。異人種間の混血こそ、種と自然への冒涜行為である。人種混交の世界において、人種的自己同一性を保った者が勝者となるであろう。人種平等を叫ぶ者に問いたい。黒人の俊足は、悉く努力によるものなのか?

 否――各人種の間には能力の遺伝的な格差が存在するのである。我々は、当然の事実である人種間の外見的及び能力的差異を受け止めた上で、日本ツラン人種の優秀性を再確認し、人種隔離運動を推進してゆかねばならない。

 さて、軍備は、国家の生存のために必要且つ不可欠である。例えば敵国が侵攻してきたとき、ミサイルが本土に向けて発射されたとき、反戦平和などという空語は直ちに意味を失う(そもそも、大抵の自称反戦平和主義者らは、階級闘争には大賛成である)。言うまでもなく、攻撃を受けたら、当然反撃すべきである。自分の愛する者の生命を、平和の名のもとに喜んで犠牲として捧げる者がどこにいようか?

 とどのつまり、非武装平和主義とは隷属、ひいては自滅へとつながるものなのだ。平和ボケと比喩される国民の現状を鑑みるに、戦争よりも、平和によってもたらされる腐敗の方が、国民にとっては遥かに有害である。人は、生存闘争によって、戦争によって偉大になるのだ。

 日本民族よ、自然界の生存闘争に目覚めよ!
世界は臆病な者の為に有るのではない。




 

This web-site was launched on 12th June 1999.
Copyright ©NSJAP, 1982-2012 All rights reserved.