– 訃報 –  
故 ピアース博士
  米国有数の人種主義団体・国民同盟の創設者ウィリアム・L・ピアース物理学博士が7月23日、癌により死去した。ピアース博士は戦後、全世界の国家社会主義者に絶大な影響を与えた戦略書『ターナー日記』の著者としても知られ、ここ数十年にわたり米国における対ZOG(シオニスト占領政府)抵抗運動の第一人者であり続けた。
  博士は1999年末、わが党からの来日講演依頼を無償で快諾してくれたが、ご本人の多忙および健康状態の悪化等の理由により実現しないままこの日を迎えてしまった。ますます苛烈を極めるグローバリズムおよびユダヤ世界秩序彼に対する戦いの最中で、博士を失ったことは残念なことではある。しかしながら、彼が遺した多大な遺産は、次の世代により確実に受け継がれるであろう。戦いは決して終わらない。彼の後には無数のウィリアム・ピアースが続くであろう。


 

This web-site was launched on 12th June 1999.
Copyright ©NSJAP, 1982-2012 All rights reserved.