急増する中国人犯罪!“闇社会の帝王”ついに激白!!
(2001年12月22日放映)   動画配信はこちら

4月28日、山形県の田園風景が広がるのどかな町で突如発生した強盗殺傷事件。なんと実行犯は、地元の暴力団員と、東京、千葉の日本語学校に通っていた中国人だった。日本人と中国人、首都圏と地方、たった2週間で結ばれた点と線。
現在、強盗などの中国人犯罪は「凶悪化」「地方分散化」「日中合同」の名のもとに増加の一途を辿っている。なぜ、こうした犯罪がおきるのか。中国人強盗団の手口とは?盗品を換金するための密売ルートとは?中国人闇社会の帝王が激白!さらに、元中国人マフィア、盗品密売人に直撃!中国人凶悪犯罪を全容解明!!

<主な内容>
▼検証 山形資産家母娘殺傷事件
暴力団と中国人の即席強盗団が、計画からわずか2週間で犯行。犯人たちの国境なき連携と、足取りを辿る

▼被害者が語る中国人強盗団
“粘着テープ”に、“刺身包丁”緊縛強盗団の手口とは 「せめて息だけでも」被害者が体験した恐怖の2時間

▼“闇社会の帝王”が激白 
中国人犯罪のすべてを“闇社会の帝王”とよばれる人物が打ち明ける元中国人マフィア関係者が明かす強盗団の手口と日本人の接点
驚愕!中国人女性盗品密売人が語る“盗品闇ルート”
  



ディレクターズアイを見る>>


足立区1億円強盗事件 検証!山形母娘殺傷事件1なぜ山形で?どこから情報が?取材の結果、驚くべき犯罪ネットワークの存在が浮かび上がった! 検証!山形母娘殺傷事件2情報提供者~日本人仲介役~中国人手配師~即席強盗団結成=中国人実行犯+日本人運転手 被害者が語る中国人強盗団の手口1 いきなりの襲撃~テープでグルグル巻きに。 (取材VTR→スタジオ→取材VTR→スタジオ→取材VTR 約15分) MOVIE

被害者が語る中国人強盗団の手口2 刃物での脅し~事前に知られていた現金の存在 潜入!中国人窃盗団の秘密のアジト"ピッキングの帝王”が語る犯罪ネットワーク 中国人犯罪の凶悪化と地方分散~直撃!犯行に走る中国人留学生 元中国人マフィアが語る恐るべき犯行手口、盗品の女密売人が明かす"故買闇ルート”そして日本人情報提供者との接点は… (取材VTR→スタジオ→取材VTR 約23分) MOVIE

中国人犯罪ネットワークの全容を解明! (スタジオ 約6分) MOVIE

12月22日放送のディレクターズアイ 

12月22日放送 ディレクター/丸山真樹
【放送を終えて】

「サンケイ、キツイ、キタナイ、キケンナシゴトハ、ミンナ、リュウガクセイガ、ヤッテイマス」
今回の取材で中国人留学生から聞いた言葉だ。彼らの多くは、ただ単に学校に行って勉強をする、という訳ではなく、学費や生活費を稼ぐために、アルバイトをしている。なぜ、犯罪に走る人が多いのか?と聞くと、「ラクデ、カネガテニハイルンダッタラ、タブン・・・」と答えた。

番組でも取り上げた山形県羽黒町の母娘殺傷事件では、3人の中国人元日本語学校生が起訴された。共に、最初はアルバイトをやっていたが、途中で辞め、3人とも収入源がなくなっていた。強盗致死罪に問われた劉洋被告は、事件当時、在留期間を延長するために学費を払う必要があった。友人の安峰被告(強盗殺人罪)から誘われた当初、明確な答えをしなかったが、最終的には金ほしさから犯行に加わっていった。

中国人犯罪者は、こういった若年層の足元をみている。すぐに犯罪に引きずり込む。彼らは携帯電話一本のネットワークを使い、点と点を線で結んでいく。彼らにとっては日本は刑罰が軽く、もし、逮捕されても、執行猶予つきなら強制送還、実刑でも数年の刑務所暮らしなら食事にも事欠かないので平気らしい。ある捜査当局の方は、中国人犯罪者に一番効く罰則は、罰金だ、といっていたのもうなずける。

「中国人の犯罪は絶対になくならない」
私が取材相手から聞いた言葉だが、中国人犯罪者はあの手この手で捜査当局の先を行っているのが現状のようだ。さらに、犯罪が日本各地に広がっている。暴力団が情報提供をするケースが実に多い。“中国人犯罪”と非難するが、最近の特徴として、日本人の資産家が狙われる事件では、やはり暴力団が絡んでいる場合が多々目に付く。日本人が“中国人犯罪”を助長しているのだ。

“犯罪天国日本”いつの日からか、こんな言葉を耳にするようになったが、いつの日か、こんな単語がなくなるように、捜査当局や法務省など関係機関に期待したい。私も取材者として、今後も犯罪を追っていくつもりですので、なにか情報がございましたら、ぜひ、番組宛にご連絡ください。

最後に、番組では“中国人犯罪”とくくっていますが、あくまでほとんどの中国の人は善良な方々で、犯罪者は極一部であるということを付け加えておきます。

このページのトップへ△

Copyright(C)2001 TV-ASAHI All Rights Reserved.

 

This web-site was launched on 12th June 1999.
Copyright ©NSJAP, 1982-2012 All rights reserved.